がんばる市民を応援

Nakanoshima-kite-battle

中之島の大凧合戦

刈谷田川の堤防で中之島と対岸今町の11組の大凧対決する。起原は今から300年も遡るという
新潟県無形民俗文化財(平成27年3月指定)

 ここでは、4年間で、公約を具現化した事業をピックアップしてご報告しています

1. がんばる市民を応援します!へのレポートバック
県内で初めて「子ども食堂」の運営費用を補助  トピックを読む  

性的少数者(LGBT)の理解促進・支援のため、講演会の開催や相談体制の強化を実施



市民活動団体奨励金を
創設  トピックを読む  
Civic Action Groups Grants

市民活動のプロモート促進・助成には、従前から力をを入れてきました。
ながおか市民協働センター登録市民団体数:H29年度 227団体 → 30年度 306団体 → R元年度 370団体

今年はさらに、新型コロナの影響下、機に応じた新展開がみられました。コロナ感染症対策の一環としても市民の共助力が発揮され、培われていた実力が目に見えて実感されました。


現行制度「未来を創る市民活動の応援補助金」を受けて活動するNPO法人フードバンクにいがた長岡センターでは、ひとり親子育て世帯にお米を配っている。コロナ禍の渦中でとても感謝されている。


・−・ー・−・−・ー・−・−・

  ほかの公約へのレポートバックは下の関連記事からどうぞ。
または、ホームトップ下のスライド画像クリックでも行けます。

最新情報をチェックしよう!
>人を育てよう、私たちは次の世代を耕しているのだ

人を育てよう、私たちは次の世代を耕しているのだ

“限りある地球である”と、現代人ならわかっています。消費することで巨大化する経済社会は地球生態系のルールに合っていないことも知りました。私たち長岡人のたましいは伝えてきています。ここで、行動変容するチャンスを逃すな! と。さあ、“焼け野原” になる前に──。

CTR IMG