市民の不安が解消されない限り、原発は再稼働すべきでないという姿勢を貫きます。

 ここでは、公約を受けて展開した取り組みと活動をご報告しています

1. 市民の不安が解消されない限り、原発は再稼働すべきでないという姿勢を貫きます。レポートバック

●「市町村による原子力安全対策に関する研究会(代表幹事:長岡市長)」の取り組み継続

● 福島第一原発(H29.9, R2.1、柏崎刈羽原発(H29.10を視察     トピックを読む 

● 県内自治体で初めて原子力防災ホームページを開設(スマートフォン対応)

● 原子力防災訓練を県と連携して実施(R1.11、R2.10予定)

● 安定ヨウ素剤を本庁、支所等に分散備蓄

 

・−・ー・−・−・ー・−・−・

  ほかの公約へのレポートバックは下の関連記事からどうぞ。 または、ホームトップ下のスライド画像クリックでも行けます。

最新情報をチェックしよう!
>人を育てよう、私たちは次の世代を耕しているのだ

人を育てよう、私たちは次の世代を耕しているのだ

“限りある地球である”と、現代人ならわかっています。消費することで巨大化する経済社会は地球生態系のルールに合っていないことも知りました。私たち長岡人のたましいは伝えてきています。ここで、行動変容するチャンスを逃すな! と。さあ、“焼け野原” になる前に──。

CTR IMG